QBO再現実験に世界で初めて成功した東京大学 CCSR/NIES 高分解能大気大循環モデルをもとに,NOxClOx PSCなどを含んだ化学反応系を陽に含む大循環化学モデルを開発して,成層圏オゾン変動の実験を行い,成層圏オゾンが気候に及ぼす影響を調べる.また,高分解能大循環モデルの出力データを用いて,物質輸送や拡散の解析を行う.

興味の主な対象は,対流圏・成層圏での気候変動におけるオゾン変動の役割,オゾンQBOのメカニズム,重力波の生成問題と物質輸送混合過程への寄与など.