目的と意義

中層大気科学は、近年の新しい観測手段や計算機の飛躍的発達及び力学理論の展開により、急速に進展してきた。

また最近では、極域オゾン減少や成層圏寒冷化、温暖化気体の増加など地球環境変動の科学的解明が強く要請されている。

本研究では、わが国の最も活発な中層大気研究者集団を強力に編成して、成層圏域を中心とするオゾンなどの微量成分の動態を力学過程と物質輸送の視点から明らかにし、グローバルな気候・環境変動問題の解明をめざす。

研究手段ごとに、(
A)衛星データ解析、(B)大気大循環モデル実験、(C)力学基礎過程、のグループを構成し集中的に研究を行う。

また本研究は国際的な世界気候研究計画
SPARCの一環をになって行われる。

力学・放射・化学過程が結合した多階層複合系としての中層大気とその気候への影響