文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究(B)
  「成層圏力学過程とオゾンの変動およびその気候への影響」

平成12年度公開シンポジウム

1.日 時:
平成13年2月19日(月) 9:00〜17:45
                           20日(火) 9:00〜17:00
2.場 所:
京大会館 (京都市左京区吉田河原町15-9)
             http://402.pharm.kyoto-u.ac.jp/kaneko/nanbu.html
               
京都大学大学院薬学研究科 金子周司助教授のページ参照)
3.コンビナー:
廣岡 俊彦(九大理)・神沢 (環境研)

4.プログラム:
*印は講演者)

19日(月)9:00〜17:45

9:00- 9:05  宮原三郎 (九大理)
             「挨拶」

極域化学
(観測・解析)
9:05- 9:35  入江仁士*(名大STE),小池 (東大理),近藤 (東大先端研)
             G.E. Bodeker(NIWA)M.Y. Danilin(AER),笹野泰弘(環境研)
             「冬季北極下部成層圏における硝酸の再分配」
9:35-10:05  寺尾有希夫*(筑波大地球),笹野泰弘(環境研)
             1996/1997年冬期北極域における成層圏オゾン減少の定量化:
               ILASデータと多重流跡線解析に基づくdouble-sounded air
               parcel
解析」
10:05-10:35  齋藤尚子*・林田佐智子(奈良女大理),笹野泰弘(環境研)
             ILASデータによるPSCsの化学組成推定
               −粒子の流跡線を考慮して−」
10:35-10:50  (休憩)

極域化学
(モデリング)
10:50-11:20  秋吉英治*(環境研),黒川純一(富士通FIP),菅田誠治(環境研)
             滝川雅之(地球フロンティア),永島達也・高橋正明(東大CCSR)
             中根英昭(環境研)
             CCSR/NIES ナッジングCTMによる1997年の大気微量成分分布の計算
               PSC依存性、ナッジング緩和時間依存性、気象データ依存性、
               及び臭素系物質依存性」
11:20-11:50  永島 達也*・高橋 正明(東大CCSR),滝川 雅之(地球フロンティア)
             秋吉 英治(環境研)
             「化学大循環モデルを用いたオゾンホールの将来予測実験」
11:50-12:20  香川晶子*・林田佐智子 (奈良女大理)
             「光化学ボックスモデルと流跡線を使った極成層圏オゾン破壊過程
               再現の試み」
12:20-13:30  (昼食)

極渦変動・北極振動
13:30-14:00  中島英彰*(環境研),河本 (NASDA/EORC),神沢 博・
             笹野泰弘 (環境研)
             ILASデータで見た極渦崩壊時の微量気体成分の子午面輸送について」
14:00-14:30  河本 *(NASDA/EORC),中島英彰・笹野泰弘 (環境研)
             「極渦崩壊時の微量成分分布と力学場について」
14:30-15:00  菅田誠治*・神沢博 (環境研)
             Time threshold diagnosticsを用いた極渦崩壊時の空気粒子混合の
               解析」
15:00-15:30  中村 尚* (東大理/地球フロンティア), 本田明治(地球フロンティア)
             「アリューシャン・アイスランド低気圧振動と北極振動」
15:30-15:45  (休憩)

15:45-16:15  黒田友二*・小寺邦彦 (気象研)
             「極夜ジェット振動と北極振動」
16:15-16:45  渡辺真吾*・廣岡俊彦・宮原三郎 (九大理
             「オゾン減少と大気大循環の年々変動-南北両半球の比較:
               GCM 実験による評価」