分科会「成層圏変動と気候」

趣旨説明
  (9:30 -  9:36)

宮原
三郎(九大理)
成層圏力学過程とオゾンの変動およびその気候への影響

(I)  オゾンなど大気微量成分の空間分布・時間変動の実態把握  (9:36 -  10:42)
        座長: 塩谷 雅人(北大地球環境)

塩谷 雅人(北大地球環境)・他
大気微量成分の時空間変動を通して見た熱帯成層圏─対流圏結合

江口
菜穂・塩谷 雅人(北大地球環境)
UARS MLSデータを用いた上部対流圏水蒸気量分布の解析

中島英彰
(環境研)・石川善徳(茨城大理)3
ILASの観測による北極域高緯度での1997年春〜夏にかけてのオゾン減少について

長浜
智生(名大理)・中根 英昭(環境研)・他
陸別広帯域ミリ波分光計による成層圏オゾン鉛直分布観測

桑原
哲也・田中 (名大大気水圏研)
名古屋上空のオゾン関連大気微量成分の準2年周期性について


(II)  密接に関連する力学過程・大気微量成分の変動機構の解明  (10:42 -  11:30)
          座長: 高橋 正明(東大CCSR)

高橋 正明(東大CCSR)・他
高分解能大気大循環化学モデルによる物質輸送の研究

滝川
雅之・高橋 正明(東大CCSR)・秋吉 英治(環境研)
CCSR/NIES気候-化学モデルを用いた火山噴火と気候変動に関する研究

中根英昭
(環境研)
オゾン等の時間・空間変動の機構解明 観測─解析・モデル研究

休憩

(III)  成層圏─対流圏域の力学諸過程の時間空間変動の実態把握  (11:30 -  12:21)
         座長: 余田 成男(京大理)

余田
成男(京大理)・他
大規模大気波動に伴う物質輸送とその季節変動・年々変動

内藤
陽子・廣田 (京大理)
南半球におけるプラネタリー波伝播の年々変動と赤道QBOの関連

黒田
友二・小寺 邦彦(気象研)
極夜ジェット振動と北極振動の関係

冨川
喜弘・藤原 正智・北 和之(東大理)・他
中緯度下部成層圏オゾン層状構造の解析 III

(IV) 
成層圏大気の気候変動・環境変動に対する影響の解析・予測  (12:21-  12:57)
        座長: 廣岡 俊彦(九大理)

廣岡
俊彦(九大理)・他
成層圏オゾンと大気大循環の変動に関する研究

渡辺
真吾・廣岡 俊彦・宮原 三郎(九大理)
オゾンホールが大気大循環の経年変動に与える影響:
GCM実験による評価

岩崎
俊樹(東北大理)・加藤 寿史・真木 貴史・佐々木 (気象庁環境気象)
化学輸送モデル(CTM)を用いたオゾンの実況監視予測システム III
系統的誤差とこれからの計画について