流れの写真とムービー

流れが速くなると、円柱の下流にできる渦は、双子渦、カルマン渦、乱流と変 化します。このような変化 (遷移) は、次元のない量であるレイノルズ数 の違いによって起こると考えられています。レイノルズ数は、流れの速さをU、 円柱の直径をd、粘性係数をνとすれば Re=Ud/ν で表される量です。 以下の画像では、実験に用いた円柱の直径、流れの速さ、レイノルズ数も示し てあります。双子渦からカルマン渦に遷移する時のレイノルズ数を特に臨界レ イノルズ数と呼びますが、この実験によれば臨界レイノルズ数は50と60の間に あることが分かります。
1997年度地球科学実験(地球流体)
メンバー:徳永俊太郎、魚崎直彦、恒吉敦、佐々木豪、中西浩平、福原隆彰
指導:佐藤薫、酒井敏
文責:佐藤薫