=== 京都大学気象学合同コロキウムのご案内 ===

日時:12月4日(金) 午後1:30〜午後3:00

場所:理学研究科1号館 563号室(共通大会議室)

講演者:阿部彩子先生(東京大学気候システム研究センター)

講演題目:「氷期間氷期サイクルのメカニズム〜地球軌道要素と
            大気二酸化炭素濃度変化の役割」
要旨:
最近数十万年間は大氷床の拡大・縮小に伴って氷期と間氷期が約10万年周期で
繰り返されており、氷期間氷期サイクルとして知られている。また、約2万年
前の最終氷期は北半球に大きな氷床が存在しこれが北半球の大気海洋循環に多
大な影響を及ぼした。氷期サイクルが4万年周期から10万年周期に変化した
メカニズムと氷床の大気海洋大循環および気候に対する影響について調べるた
め、大循環モデルと氷床モデルを組み合わせて数値実験を多数を行った。大気
中二酸化炭素濃度がある程度低いと4万年周期から10万年周期が出現するこ
と、大気大循環のstationary wave feedback が効いて北米氷床がある大きさに
達するとユーラシアの氷床の成長を抑制して10万年周期を北米氷床が駆動す
結果について報告しながら議論する。