JMA-NHMに関するメモのページ

NuSDaSライブラリの指定の仕方

Fortran ファイルの最初に

include 'nusdas_fort.h'

を指定する.

Makefile の書き方を知らないので,bash シェルで実行させてみる nusdas ライブラリのパスは適宜自分の環境に合わせて変更すること.

FC=gfortran
FILE=test
NUSLIB=/home/matsuba/Nhm/Module/Src/nusdas1.3/src
NWPLIB=/home/matsuba/Nhm/Module/Src/nusdas1.3/nwplib8

${FC} -I${NUSLIB} -c ${FILE}.f90
${FC} -o ${FILE} ${FILE}.o -L${NUSLIB} -lnusdas -lm -L${NWPLIB} -lnwp
./${FILE}

一度 bash で書けば毎回毎回リンクを指定しなくてもコンパイルして実行できる

サービスルーチン一覧や使い方については nusdas のマニュアルを参考. 基本的には nusdas_read で読み込み,nusdas_write で書き出しをするということを覚えていればよい.その他はマニュアルを参考.ネームリストによる入力のやり方も勉強しておくとよい.

太陽放射一定実験

MSWSYS(12)=2 の実験

ios.f90

理想化実験